夜景の撮影をする時にどういう点に気を付けるべきか?

夜の世界と言えば、ライトアップされた風景やイルミネーションが輝いている通り、美しい星空などカメラに収めたいと思うものがあるのではないでしょうか。ただ、そういう風景などを撮ったとしても満足いく仕上がりにならなかったりします。
厄介な夜景の撮影をする時にどういう風に取ればいいのかということについて紹介していきます。

昼間に比べて暗いから撮影が難しい!

夜景の撮影がなぜ難しいのかというと昼間に比べて暗いからです。写真を撮るともなるとある程度の明るさを要しますので、どうしても夜というのは写真が取りにくいです。全体的に薄暗くなったり、設定が明るすぎて画質が悪かったりします。

光をたくさん取り込む設定にせよ!

暗くて困っているのならば、撮影前に明るくなるような設定をしておきましょう。暗くて映らなかったものを後から明るくするということはできませんので、あらかじめ明るくしていくことです。
明るくなるような設定としては

シャッタースピードを長くする

シャッタースピードを長くすることによって光を多く取り込むことができますので、その分だけ暗くても明るく写真を撮ることができるでしょう。ただし、手ブレが起きた時に修復できなくなるので、三脚を使って固定します。

どのようにして合わせるのかというとF値というカメラの絞りの開き度合いを数値化したものを設定します。夜景などではF8程度がいいという風に言われています。

ISO感度を上げていく

続いてISO感度を上げるという方法があります。ISO感度は数字で表されて、この数字が上がっていくにつれて暗いところであっても明るい写真を撮ることができるでしょう。素人でも簡単にできる方法ですので、ぜひともやってみるといいでしょう。