1枚だけではなく設定を変えて何枚も撮ってみよう!

写真を撮る時に1枚で完璧なものが撮れるのかというとそういうわけではないのではないでしょうか。プロのカメラマンであっても1枚しか撮らないということは無く、何枚も撮ったうえでベストなものを選んでいることが予想されます。
私たちみたいな初心者であればなおさら1枚で完璧なものを取れる可能性は低いでしょうから、何枚も設定を変えながらベストなものを撮っていくことをおすすめします。

設定を変えながら撮影してみよう!

1枚被写体を撮った時になかなかうまくいかないなと思ったのであれば、設定を変えながら撮影をしたほうがいいでしょう。撮り方を変えてみるというのも一つの手ですし、あらゆる設定を変えてみていいものを撮るということでもいいのではないでしょうか。

同じ被写体であっても構図を変えたり、三脚を使うように高さをちょっと変えたり、ホワイトバランスを変えたり、露出を変えてみるなどの工夫をしてみるのもいいことです。いろいろと設定を変えてみることによって違った魅力が分かってきます。印象の違いにびっくりしたりもするのではないでしょうか。

何枚も撮って技術を上げよう!

1枚だけで済ませるというのは技術力のアップにはなかなかつながりにくいです。初心者が技術力を上げたいのであれば、同じ被写体に対して何枚も設定を変えながら撮ってみるのが一番手っ取り早いでしょう。感じ方の違いについても分かりますし、こういう設定をすればこういう写り方をするんだなということが理解できます。

プロの方でも1枚で済ませるということは無く、何枚も撮りながらいいものを取捨選択します。初心者であれば1枚で済ませるのでは技術が上がりませんので、設定の仕方を覚えるという意味において複数枚撮りながらやっていくのがいいでしょう。